メディア掲載

2019年4月1日

日本電気労働組合機関誌「NWU-COM」にて働き方改革について解説

日本電気労働組合機関誌「NWU-COM」【その他】

日本電気労働組合の機関誌「NWU-COM」にて、代表池田の巻頭インタビュー記事が掲載されました。2019年4月の労働基準法改正で働き方を見直すとき、行動変革のひとつの選択肢として朝をどう活用するかについて解説しました。 


2018年3月26日

NIKKEI STYLEで精神科医の西多昌規先生と対談

NIKKEI STYLE【Web】

精神科医の西多昌規先生と、代表池田千恵が以前日経ウーマンオンラインの企画で「朝ごはん」について対談した記事がNIKKEI STYLEにも転載されました。
 
以下のような話をしています。

●朝は睡眠で記憶や感情経験が整理整頓されている状態、つまり、一番「脳が飽きていない」状態
●起きてから時間がたつにつれて、脳に書き込みが多くなってくる。注意力には一定の限界があるため、1日のうちでも昼から夕方になるにつれて、鈍りが生じる
●朝に感情の記録をすると、今日一日の対応を考えて、アクションすることができる
●朝は対策を考えないと活動が差し迫っているからすぐにアクションを起こせるが、夜は活動が迫っていないため、悩み事などをひたすら考えてしまう

「朝すっきり」のために、夜にやるべきこと
https://style.nikkei.com/article/DGXZZO28296850Z10C18A3000000


2018年3月19日

日経ビジネスにて 朝時間有効活用のコツを解説

日経ビジネス【雑誌】

日経ビジネス 2018年3月19日号にて、「朝時間を有効に使う」をテーマに、代表池田千恵が朝型勤務のメリットや朝のメリットを最大限に享受するためのコツなどについて解説しました。

春は朝活開始の好機 朝時間を有効に使う ビジネスや趣味をパワーアップ
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/NBD/15/culture/030900271/?ST=pc
※リンク先は有料記事です。会員登録で月3本まで読めるようです。